うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
うつ病になった医師の日常を綴ります。考えること、思い出すことなど。元気が出る書籍、気分転換の方法なども紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前「うつ病と体重」について書いてみたが、体重が増えた原因として、忘れていたものがあった。

それは、ビールだ。

いや、発泡酒だ・・・
オイラ、お酒は嫌いではない。
むしろ好きだ。特にビールは好きだ。

以前はほろ酔い気分が好きで、たまに飲む程度だった・・・

しかし、うつになってから明らかにアルコール摂取量が増えた。

なぜかって?

夜、眠れないのがいやだから。

ほんとは抗うつ薬と一緒に飲むのはよくないんだろうけど、やめるのは無理!

これで体重増えたね。
効果てきめん!!動かないで、寝て起きて食べて、ビール飲んでたら・・・完全に終わってる(よね?)。太るに決まってる。
わかってるんだけど、飲んじゃうんだよね。
これってアル中?とか思うこともある。

まあ、オイラの場合はビール一缶(350ml)にしてる。
(いや、発泡酒一缶だった)

ところで、アルコールを全く飲まない人と、ある程度飲む人とで病気になる確率を比較したところ、ある程度飲む人のほうが病気にかかりにくいという結果がでたそうだ。※ただし、アルコールは適量の場合(いっぱい飲んだらダメ!)だ。それに、どんな病気でもというわけではない、詳細は、今すぐ手元に資料がないので細かいことはわからないが事実らしい。(今度、詳しく書きたいと思う)
アルコールが適度にストレスを和らげるとかいう理由のようだ。

しかし、うつ病の場合、適度なアルコール摂取が、うつ病の病状にどんな影響を及ぼすかは今のところはっきりしていないらしい。

ということで、実験中(飲むための言い訳)なのだ。

みんなはどう?

ご意見聞かせて下さい。

最後まで読んでくれてありがとう!
スポンサーサイト
10年のうつ病です。
太字の文
私は退職して8年になります。うつ病と専門医から云われて10年になり 入院は4回
途中で薬の効き過ぎから幻覚症状になり 首吊り自殺は未遂に終わってます。
毎朝の2時頃にイライラや息苦しくなり頓服を飲みおさまるのを待つ毎日です。
医者からは「静かに・・・のんびり」とを云われてますが ついと無理をします。
趣味はカメラで花を撮ったりしてます。今 うつ病のメールの友達を探してます。
【2006/05/03 04:49】 URL | 長田 源司 #-[ 編集]

はじめまして。なー と申します。
相互リンクしているblogへのdeppyさんのコメントからとんできました。
私はうつ病と診断されて2年です。
診断された時、自分が「うつ病」だとは、思いもよらずかなりショックでした。

最近は自分のblogの更新もできずにいます。
元々私はお酒が大好きでした。
うつ病と診断された頃、食べることも飲むこともできないことに危機感を覚えました。
(体重も激減しました)
最近は身体の異常を紛らわせるように、お酒を飲むことが増えましたが、
飲まなかった翌日は調子がイイような気がします。
私も実験中(?)です。
ただ、今飲んでる薬とお酒の相性は悪いのかなぁ・・との実験結果を自分なりに、
感じているところです。
【2006/05/03 15:29】 URL | なー #-[ 編集]

deppyさん、はじめまして。私も、現在、呼吸器内科医8年目のもので、うつと診断され、
約1年半内服と、自分探しの日々を送っております。昨今、過重労働に伴う、うつ、それと
その後の職場復帰など非常に社会問題になっておりますが、なかなか、医師のうつの方の、生活、職場復帰などの情報は、非常に限られているようで、医師として、自分のあり方は、これでよいのか?色々、悩みはつきません。
 1年半前は、もう、医師として生きることに、限界を感じ、医師を辞めるか、このまま働き続けて、過労死にでもなるのでないかという、非常に狭い思考の選択枝しかなく、(病気のせいと思いますが)、追い込まれていました。自分は、今回は、3回目なので、うすうす自分でやばいな、とは思っていたのですが、結婚もしたばかりで、休職となり、直後は、自分は、どうやって生きていくのか、暗中模索で、不安がつのり、うつが悪くなるので、3ヶ月の休職の半分は、まったく進路については、考えず、一日中寝ていたり、ゲームに逃避したり、もうろうとしたまま新婚旅行にいったりし、その後、後半2週間くらいで、昨年の4月からの仕事の方針を決めました。
 医師という職業上、自分が眠かろうが、不眠などが続いていても、患者さんが困って、呼ばれたりすれば、自分を鞭うってでも仕事をせざるを得ない状況は当然、多々ありました。一番苦しいのは、患者さんですから。
 民間病院と、公的病院では、医師の労働条件、待遇もまったく異なります。特に公的病院ほど、診療以外のいわゆる雑務は、事務方、看護婦からも、私たちの仕事ではありませんの一言で放置、しかし、結局一番つらいのは、患者さんなので、そういう彼らにいらだちつつも、あきらめて、診療以外の雑務もこなしていかなければなりませんでした。同僚も、当然同感とは思いますが、割り切って仕事をうまくやっているようにみえ、でも、自分は一々腹を立てながら、仕事をしたり、月に200から250時間以上も残業がかさなり、最後は、動悸、不眠、過食、外来でも受診者の訴えが少しも頭で整理できないようになり、結婚式をまじかに控える妻に、もう自分を殺してくれなどと、言うようになり、結婚式翌日に受診。しばらくしてから、休職となりました。
あれから、1年以上たって、ある程度時間的にゆとりのある、ドック、巡回、レントゲン読影などを中心に、、無理せず仕事はパートでしております。この分野も、臨床と同じくらい、奥が深く、今後、ますます重要性は高まるものと思いますし、再発しないことと、自分のペースにはあっているし、やりがいを感じることも出来るので、最終的には、臨床医として第一線で働くよりも、予防医学の道に重きを置くことになることと思います。
 ただ、臨床経験6年しかない今の自分には、時期尚早で、もう少し、出来る範囲で、臨床にもかかわりたいと、特に最近考えるようになりました。
 服薬量は一向に減らず、倦怠感、眠気、無気力そういったものが毎日ありますし、病気の周期的な不調な波が襲ってくるので、どういう形で、臨床に携わるか、現状で、週1回定期の外来を契約しても、調子がその時どうなのか?確証がもてません。もう少し、薬が減って、安定してから考えたほうがよいと、妻からは言われます。(自分は、逃げて、ただ楽をしているのか?本当はどっちなのかよく分からず、悩みます。)同期の話を聞いていれば、とりのこされていう感じがしますし、悩むと不眠になるので、今は、悩まず、まず減薬し、悩む元気が出てくるまで、少し先送りせざるをえないかと思ってます。
 とりとめのない、まとまらない文章ですみませんが、今後また、職場復帰、再発予防のため色々考えることは、うつの自分には、一人ではどうしても、限界があります。
deppyさんの、記事にもありましたが、ネットワークは大切と思います。
どうか、私もその仲間に入れていただければ、と思います。
よろしくお願いします。
【2006/05/04 00:48】 URL | happy #-[ 編集]

はじめましてdeppyさん
私も、うつ病と付き合っております。
うつ歴約9年といったところです。
最近、本当に薬で良くなるのか疑問に思っていたところ
ブログ村の「メンタルヘルス」でお見かけしてここに辿り着きました。

うつ歴が長い割にはあまり知識がなくて
もっと知る必要があるなぁと感じております。

アルコールに関しては多分NGなんだろうと思いますが
個人差と薬との相性とかあるのでしょうか???

私の場合アルコール飲んだ後、一瞬気分良くなるのですが
酔いが覚めてくると症状が急激に悪化し自分がすごく嫌になり
アムカに至ってしまいます。

お酒は大好きなんだけど、私の場合控えた方がいいのかなぁ...

またここに来てもいいですか?
【2006/05/04 13:59】 URL | karen #-[ 編集]

みなさんありがとう

>長田 源司さん
はじめまして!
うつ病になられてから10年とのこと。長い闘病ですね。
オイラよりずっと苦労されているんだと思います。
主治医はこちらが何を言っても、基本的には「無理をしないように」「長い目で・・・」「少しずつ、ゆっくり行きましょう・・・」とか言われるだけですよね。
薬は合う合わないがあるんだと思いますが、今、うつと薬について読んでいる本があります。今後、少し紹介していこうと思ってます。

>なーさん
はじめまして!
オイラも最初にうつ病の診断を受けたときはショックでしたよ~
お酒はほんとはダメなんでしょうけど、やっぱり最近は飲んじゃいますね。
今度、なーさんのブログに遊びに行きますね~
ヨロシク!

>happyさん
happyさん、とってもまじめな方なんですね。何というか、文章を読んですごく感じます。happyさんの悩み、ほんの少しかもしれないけれど、わかります。オイラも医師として働く中で、結局うつになってしまったわけで、罪悪感とか自己嫌悪はすごく経験しました。
オイラも内科医として働いていたわけなんですが、うつ病になったのは実は、大学院に入って慣れない研究生活で無理をしたのが(おそらく)原因でした。研究って自分のペースでできそうで、臨床よりは自由がきくっていうイメージがあったんですけど、オイラの教室はだいぶ状況が違っていて、もちろん慣れない事ばかりということもあったんでしょうが、結果的にうつになっちまったわけです。だから、週1回の臨床は当時、オイラにとって「自分のフィールド」にもどる感覚で、気分転換というか生きがいみたいになっていたわけです。
それにしてもhappyさんの超過勤務はちょっと激しすぎです。産業保健で話題になっていますが、今年から、月100時間以上の超過勤務がひと月でもあった場合、または90時間以上の超過勤務が2ヶ月から6ヶ月(だったかな)続いた場合、産業医はその労働者に対して面接を行うということが取り入れられました。要するにそれ以上は働きすぎとしているわけです。でも、現実とはかけ離れてますよね・・・
happyさん、オイラの経験では、とりあえず「休む」「ぼーっとする」「眠る」に限ります。自分は怠けてるんじゃないか・・・っていう気持ち、必ず出てくるんですが、そんなことはないです!オイラの場合は周りの協力があって可能だったことですが、とにかく調子が悪い間は割り切って休みました。徹底的に休むと意外になんとなく「やってみようかな、行ってみようかな」という気持ちが起きてきました。それを利用して少しずつ復帰したわけです。でも、happyさんがおっしゃるように、オイラの場合もすこしよくなったかな~と思ってがんばっちゃうと、結局疲れて逆戻りなんていうこともあるんですよね・・・これが難しいところです。それでもうつ病の回復過程は少しずつよくなりつつサインカーブを描きながら(悪くなる⇒良くなるを繰り返しながら)上昇していくものだという専門家の話もききました。そういうものだと思っています。そして、サインカーブの一番下の点でもなんとか仕事ができる、職場にいける、という状況になると、いよいよ復帰できるのかなと考えています。
オイラの文章もとりとめもなくなってしまいましたが、happyさん、これからもヨロシクどうぞ。オイラも勉強になりますし心強いです。ありがとうございます。

>karenさん
はじめまして!
遊びに来てくれてありがとう。
お酒と薬については、少し調べてみようかと思います。
先にも少し書きましたが、うつ病は薬で治るのか?っていうテーマの本を少し読んでいるところです。これは、ほんと簡単な問題ではないですね。うつ病はくすりで治らない!なんていったら、今の精神医学はなんなんだ!?ってことになっちゃいますし、うつ病はくすりで治る!と言い切ったら、「じゃあ、なんで長期間飲んでも治らない人がいるの?」ってことになっちゃいますし、難しい。
個人差があるんだと思います。
それに現在わかっている以上にうつ病の中でもいろんな種類のうつ病があるんじゃないかと思うんですね。
オイラは個人的にはうつ病はくすりは効果があるけれど、治るときにはくすり以外の要素も大きく関係すると思います。これについてはまた書く機会があるといいなと思っていますが・・・
また遊びに来てくださいね~

by deppy
【2006/05/05 00:12】 URL | deppy #-[ 編集]

deppyさん。コメントありがとうございます。
なかなか、同じ境遇の方もいませんし、このブログを見つけることが出来て本当に、よかったです。サインカーブの下の状態でも、出来る範囲で、やっていき、ペースをつかむというのがやはり大切なのですね。ありがとうございます。
 時間の流れ方は、人それぞれ違いますし、現在予防医学のような仕事をしてみると、また、今までまるで見えなかった社会、政治の様子が少しは、見えてきたような気がします。家族、自分の時間などというものは、今まで勤務医の時には、まるっきり無かったし、その良さも、ほとんど自分では感じるゆとりも無かったです。しかし、病状も回復したり、少しずつ仕事に取り組めるようになったのは、周りの友人、同僚、家族あってのことでした。自分を追い込み、命を粗末にするようなことに決してならないよう、(固いですが、、)ゆっくりやっていきたいと思います。また、ブログ読ませてください。
【2006/05/05 01:12】 URL | happy #-[ 編集]

deppyさん、はじめまして。
うつ暦8年のまめおです。
1年前に復職したのですが、それまでの1年半休職したときから、
明らかに私もビールの量が増えました。
昔は飲まなかったんですけどね~。すっかりビール好きになって・・・・10kg太りました。
うちの医者はアルコールのことは言いませんね。
ほかの方のブログなど見るとうつ病はアルコール禁止って人が多いんで
自分はええんかいな?と悩むこともあります。
でも仕事帰りの一杯はやめられないっすね。
【2006/05/05 03:57】 URL | まめお #CCYh7aa6[ 編集]
まめおさん はじめまして!
はじめまして!
遊びに来てくださりありがとうございます!
これからの時期、ますますビールがおいしくなりますね~
まめおさんがおっしゃるとおり、だいたい服薬中ってアルコールについてはNGということになってしまうんだと思います。
オイラも内科の外来で健康診断で肝機能異常があったり、肥満や高血圧があったりという方が「要精査」「再検査」ということで来られると「お酒はひかえましょう」「体重を○○kgぐらいにおとしましょう」とか言うわけですが、やはり自分がその立場になってくると、そう簡単ではありません。もちろん状況によっては「完全に禁酒」などの対処が必要な場合はあるわけですが、多くの場合、健康診断でそこまで危機的状況の方は少数です。
そこで大切なのは現実的な目標だと思います。例えば、身長が170cmで体重が90kgの人にいきなり「あなたの標準体重は63.6kgです。減量してください」と言ってもやる気をなくすだけです。例えば「まず85kgを目標にしましょう」というほうが、実際には効果があることが多いです。
話がそれましたが、オイラのビールも
「適度な酒量」
を目標にしたいと考えています。
長くなってごめんなさい。
また遊びに来てくださいね~
【2006/05/06 10:57】 URL | deppy #-[ 編集]
うつとアルコール
deppyさん、はじめまして。
20歳すぎにパニック障害になってから薬と付き合っています。
、その後自律神経失調症、ノイローゼなどを経験し、(それまでに軽いうつはあったと思います)平成14、16、17、18年度とここ5年ほどは、毎年のようにうつで2ヶ月ぐらい会社を休んでは自宅療養し、また会社に復帰することを繰り返しています。
主治医からは「うつでも軽い方で、入院の必要はありません。アルコールは缶ビール1本までに控えてください。」といわれています。
ところが、やはりアルコール好きのため、現在は焼酎水割り3杯程度毎日飲んでます。
過去の一番辛いうつの時は1ヶ月ぐらい全く飲まない(副作用のことがとても気になり、飲めなかった)こともありました。
アルコールと薬との併用からくる副作用への恐怖心は今でももっていますが、それでも
毎日ほぼ一定量飲んでしまうので、アルコール依存だと思います。
(妻はアル中といいますが)
妻は全く飲むなとは言いませんが、飲まない日を作れと常々言います。
いろいろ調べてもアルコールは薬の作用を増強することがあるのでNGとされているのが
一般的のようですね。
脳に作用するものを二通り飲むってことですから、将来アル中や痴呆になりたくないので
極力飲まないのがベターとは思うのですが・・・。
最近、アルコールを多目に飲んだ夜はイビキがスゴイと妻に言われているので、なんとか
控えるようにしていこうと思っています。
【2007/05/30 12:04】 URL | takcube #-[ 編集]
欝とアルコールの相性
小生は、うつ暦20年のサラリーマンです。
アルコールは、体質的には飲めない、甘酒でも赤くなるくらいです。
が、仕事柄、飲む癖がつき、今では毎日缶ビール350㎜lを少し残して
眠りにつくと2~3時間で目がさめてしまいます。
それから、ハルシオンをドラ-ル錠を飲んで朝まで眠るという毎日です。
医者からはその程度のアルコールなら大丈夫と言われてますが、
うつがひどくなったときには、睡眠障害の原因の一つはアルコールの
せいと自覚して出来るだけ飲酒を控えてます。
でも、アルコールのない人生も味気ないものです。
せいぜい健康で、グラスワインの一杯でも飲んで、一日の疲れと
ストレスを発散させながら行きたいものです。
 ところで、小生のうつの特徴は、希死念慮が強く出るというやつです。厄介な
病だと思いますが、これも定めと納得して、いつもなんとか自殺回避にもちこんで生きながらえてきました。これからもそうして生きてゆくつもりです。
なんども、自殺を図りましたが、結局のところ、自殺は、一見、自己完結型の解決方法に
思われますが、他方で周りの人に及ぼす影響を考慮すると、特に自分の子供達に
トラウマの負の遺産を残すことは自分としてはしてはいけないことという気持ちが支えとなって死にきれないでなんとか生き延びていると、時が解決してくれるようです。
 おもいつくままに書きました。悪しからず。
【2007/06/01 00:37】 URL | sumidagawa #sHEWF.l2[ 編集]
生きていれば
sumidagawaさん、こんにちは。
ある意味、飲めない人が羨ましい時があります。アル中になることがありえないのだから。
私の場合飲めてしまうし、好きなので、自制心と妻の歯止めの言葉がなければアル中になることもそう難しいことではないように思うからです。
親戚など身近にアル中がいて、ひどいことになってるのを見たり聞いたりしているので、そうなりたくないという気持ちがいつもあります。
かといって、断酒は考えられず、酒の飲めない人生って味気ないなと思います。
勝手な考えですが、ビール1本までならいいのかなと。最近職場復帰したところなので注意してますが、ここ数日は早朝覚醒があるので少し量を過ぎているのかもしれません。

私のうつは、仕事パニックからうつになるというパターンです。
上司の配慮で仕事量を減らしてもらい、半年間は残業をしないことにしてもらっています。

プライベートでは妻、娘二人、愛犬1匹、去年建てた自宅(とローン)があります。趣味の渓流釣りは危険なのと殺生だなと思い始めてからやめました。その後しばらくは水泳にはまってましたが、職場復帰以降さぼっています。つい理想の泳ぎに近づこうとりきんでしまい、現実の自分の泳ぎとのギャップを感じはじめて「泳ぎに行こう」という気持ちが薄れてしまってます。
水には癒しの効果があるので、泳ぐというより「浮く」気持ちよさを思い出して、また近いうちに行こうかなと思ってます。
また、「お金を貯めて次は○○に乗る」という車に関する夢があるので、何年後になるかはわかりませんが、うつと向き合いながら実現したいのです。

生きていれば苦しいこともあるけど、楽しいこともある。
家族の将来、自分の将来。「孫の顔が見れる」とか。
今現在具体的な計画や夢がなくても、生きていればそういうことにめぐり合えるかもしれないし、今より元気になって小さくても何か趣味や夢を持つこともできるかもしれない。
sumidagawaさんも相当つらいんだろうなと思いますが、自分を大事にしてあげてください。偉そうなことを書いたかもしれませんがお許しください。
【2007/06/01 15:00】 URL | takcube #-[ 編集]
マリンスポーツ
マリンスポーツを探すなら http://www.mladickrealty.com/101070/101100/
【2008/11/19 08:34】 URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/06/12 13:11】 | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/08/23 11:15】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハンドルネーム: deppy(でっぴー)
うつ病歴: 1年
職業: 医師(内科医)
ひと言: はじめましてdeppyです。オイラのうつ病体験がみんなのためになれば嬉しいな。みなさんよろしくね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

deppy

Author:deppy
FC2ブログへようこそ!

オススメ記事

反響があったものを選んでみました。どうぞご覧ください!(クリックすると記事が開きます)
☆ひたすら眠る
☆世界をたくさん持つということ
☆うつ病と体重
☆うつ病とアルコール
☆うつ病の再発率
☆穴をうめるということ
☆うつ病の発症オイラの場合

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

相互リンクしませんか?

当サイト『うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~』では、相互リンクしていただけるサイト様を募集しております。基本的にリンクフリーです。

サイト名:うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
URL:http://deppy.blog64.fc2.com/
説明:うつ病になった内科医の体験記。うつ病になってはじめて分かるつらい思いをわかりあうことで、今苦しんでいるうつの人に少しでも役立つことを目的としたブログ形式のサイトです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


タグ↓↓↓




うつ関係リンク

おすすめの本!

かなりオススメです!特に職場への復帰についての記載は具体的でためになります。deppyもこれにしたがって復帰しつつあります!

最近のトラックバック

ブログ一覧 clickしてね!

同じカテゴリーのブログがたくさんあります。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング

[NEXT]
[PREV]
[NEXT5]
[PREV5]
[LIST]
[RANDOM]
[HOME]



| Back | Next | Random | List | Produce by |


LIST NEXT BACK RANDAM JOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PR



FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。