うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
うつ病になった医師の日常を綴ります。考えること、思い出すことなど。元気が出る書籍、気分転換の方法なども紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラうつ病と診断されてから2年目にはいる。
まさか1年後にまだうつ病で復職できてないなんて思ってなかったと思う。
気になることをきいた
みんなも知ってることなのかなぁ・・・


うつ病は再発すると次に再発する確率が高くなる


要するに初めてうつ病にかかった人が、いったん回復して通常の社会生活に復帰したとする。そのうち30%の人がうつ病を再発したとすると、その人たちは次に再発する可能性は40%に増え、2回再発してしまった人たちは、3回目に再発する可能性は50%に増える・・・といったふうである。
※30,40,50・・・と正比例で増えるとは限らないだろうし、最初に再発する確率が30%というのも例えばの話です、念のため。

とにかく、再発するほど次に再発しやすいってことだよね。
これって怖くない?
うつ病になったことのない精神科医は平気でこんなこと言うのかもしれないけど、うつ病である当の本人は、そんなこと認めたくないよね?再発したらもう立ち直れないみたいに聞こえるもんね。
オイラはそんな単純な計算式では現実はあらわせないと思う。
でも、統計的にそうだとすると、やっぱり考えなきゃいけない。

できるだけ再発しないように

したい。それは再発率関係なくそうだよね。あんなにつらい思いは、二度としたくない。

そこで、できることは、とにかく徹底的に休むことじゃないかと思う。これはオイラの感覚的な意見だ。
オイラの復職途上での経験として、とにかく割り切って休んじゃうこと。これが何よりも優先する。おいらの場合、職場の環境が恵まれていて、ちょっと無理して顔色が悪いまま職場に行くと「顔色が悪い、帰りなさい。」と言われたりもした。今考えると、とてもありがたかった。

うつ病のになる人は一般的にまじめな人が多くて、簡単に休めないし無理をしてしまう。まわりがそんなに求めてないのにまじめにやってしまう。これが良くないと思うんだ。
オイラ、うつになって実感したことだが

意外に自分がいなくても職場はまわる(なんとかなる)

ってこと。
逆に考えると自分はいなくていいのかな?って寂しく感じるけど、そうじゃない。オイラがあんなにがんばってやっていた仕事、オイラがやらないと誰もやる人がいないと思っていた仕事・・・・
実は、オイラがいなくてもなんとかなるのだ!(もちろん誰かにしわ寄せは行くのだろうが)
これはオイラにとって大きな発見だったよ。
これがわかって一気に楽になった気がする。
そう、

休んじゃっていい

ってこと。
話は戻るけど、これが再発防止のための一番の方法じゃないかなって気がする。調子が今ひとつなのに、なんとか行けそうだっていうタイミングで復職しちゃうと、結局さらに悪い状況になっちゃって再発しちゃうんじゃないかな?
長期に休むと復職どころか解雇される心配もでてきて、「そんなに休んでいられない」っていうのが本音だけどね。

それでも「ああ、この職場だけが人生じゃないのかも」っていうことに最近気づいて、やっぱり少し楽になったよ。

うつ病のときは重要な決断はしないほうがいい、っていうから、いきなり仕事やめるとか決断するのは良くないと思うけどね・・・。

とりとめもない話になっちゃってゴメンなさい。
最後まで読んでくれてありがとう!では、また。
スポンサーサイト

復職し、再発しないように、長く続ける。これは、あたり前のことですが、非常に難しいと思います。人間関係、仕事内容の変化、服薬していると疲れやすい、きりがないと思います。
 私は、主治医から、人生の目標を下げるべし、この辺でよしとする、そういう風にしてみるようにと言われました。どの職業の方も、自分はこうあるべきだ、あるいは、その職の人間なら、こうあるべきだという目標があると思いますが、これに、ひた走り過ぎないように、ということなのだと思うのです。が、そうは言われても、今までの生き方、考え方を変えるというのは、すぐには、決して容易ではない気がします。(そういう性格、転換が不得手なのかもしれません)
 今までは、時間というものがまったく無かった。でも、その中でかけがえのない経験もしたし、無駄にはなってない。私も再発と言われたので、また前と同じ生活は、無理なので、当然、そういった患者さんを通して、日々学ばせて頂く経験は減る事は事実。しかし、自分には、自由に出来る時間が増えた。人間として、当たり前の生活をする喜びを感じれる境遇になることが出来た。きっと何もかも得るのは無理で、自分によいものを取捨選択していく、そういう時間が、今なのかな?と思います。
【2006/05/05 01:34】 URL | happy #-[ 編集]

難しいですね。結局うつが完全に直らないまま復職して1年たちますが、
最初の半年は休みまくりでしたね。去年1年で50日近く年休使いましたもん。
徐々に休むのは減ってきていますがね。
今でもうつ病ってなおるのかなあって感じます。うつと決別したいけど、
できないなら仲良くやるしかないですね。
無理せず休む、これもいいことだと思います。
【2006/05/05 03:49】 URL | まめお #CCYh7aa6[ 編集]
deppyです
>happyさん
コメントありがとう!
オイラはうつ病のの再発は経験したことないので、わからないことも多いけれど、happyさんの「人間として、当たり前の生活をする喜び」は全く同感です!
忙しいとき、忙しすぎるときは何にも見えません。オイラも仕事が終わらなくて朝の3時に職場に行っていたこともありました。そのときは、まあ仕事しか見えない。考える余裕・感じる余裕がないんですね。それが、うつ病になったことをきっかけに、当たり前の人間としての生活というものに目が行くようになってきた、といった感じです。
以前にもちょこっと書きましたが、河合隼雄さんが「うつ病はクリエイティブ・イルネス(創造的な病気)だ」とおっしゃっていたのも、この辺に関係してるのかなと思うわけです。
うつ病の前と後では目に映る世界が全く違う・・・これは誇張ではないと思います。
まだオイラの場合は「うつ病後」ではなく、「うつ病中」なのかもしれませんが・・・(笑)
happyさんの言葉にはやっぱり少なからず同じ環境にいて、同じような苦労をされているせいか、とても同感できますし、勉強になりますし、考えさせられます。実感が共有できるっていうんですかね・・・(happyさんにくらべればオイラの苦労はまだまだと思いますが)
コメントいただけると嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いします!
また遊びに来てくださいね~

>まめおさん
こんにちは!(こんばんは?)
うつ病の完治って難しいんだと思います。うつ病を治すのが難しいということもあるのですが、どこで治る・治ったといえるのか?というところです。
体の病気と違って、心の病気は難しいですよね。
うつ病の場合、職場復帰・社会復帰を果たして、以前のような状況に戻って、本人も納得、ということであれば当然完治だと思うんですけど、そんなにうまくいくことってなかなかないですし、第一、すっかり良くなるって難しいことだと思います。
だから、少しずつ良くなって、まめおさんのように最初は欠勤したりしながらも、どうにかベースを上げていくっていうのが現実的ですよね。
よくいわれることですが、会社側は「病気が完全に治ってから復職しなさい」とかいうわけですが、それってうつ病の場合(精神疾患全般かもしれませんが)、難しいと思います。なにしろ、調子がよくなってきたとしても復職できるかどうかは、職場に行ってみないとわからないことで、「完治して」復職というのは無理な話だと思ってしまいます。
会社側としては、病気の人を無理やり出勤させるわけにも行かないので、そういう言い方しかできないのかもしれませんけどね。
そういう状況でよくあることですが、「主治医に復職許可の診断書をもらってきなさい」という会社からの要求。これも会社側からすればそいういう、いわば「お墨付」のようなものがないと、復職させずらいのは確かです。しかし、主治医の先生も「本当に復職できるかどうかはわからない」というのが本音ではないでしょうか?実際、そのようなお話を精神科の先生から聞いたこともあります。
そのようなことも含めて、うつ病患者さん・精神疾患の患者さんへの対処は社会全体として遅れているのだと思います。
長くなってごめんなさい。
また書きますね~
ぜひまた遊びに来てくださ~い!
【2006/05/06 10:43】 URL | deppy #-[ 編集]

アタシも、休んだら自分に負けるような気がして(落伍者だと)
自分の存在価値がなくなるような気がして
休むことに恐怖感を感じていました
でも休んでみて思ったんですが、たぶん職場は大変なことになってるけど
それで会社が潰れることもないしって(笑)
休み始めの頃、仕事のことばっかり考えていましたね(嫌なのに)
いまは、やっと慣れました。
アタシがいてもいなくても書類入れの中にはいつでも未決済の書類が入ってるんです
そう思ったらだいぶ、楽になれました!
【2006/05/08 17:22】 URL | さくらこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/07/08 08:27】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハンドルネーム: deppy(でっぴー)
うつ病歴: 1年
職業: 医師(内科医)
ひと言: はじめましてdeppyです。オイラのうつ病体験がみんなのためになれば嬉しいな。みなさんよろしくね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

deppy

Author:deppy
FC2ブログへようこそ!

オススメ記事

反響があったものを選んでみました。どうぞご覧ください!(クリックすると記事が開きます)
☆ひたすら眠る
☆世界をたくさん持つということ
☆うつ病と体重
☆うつ病とアルコール
☆うつ病の再発率
☆穴をうめるということ
☆うつ病の発症オイラの場合

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

相互リンクしませんか?

当サイト『うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~』では、相互リンクしていただけるサイト様を募集しております。基本的にリンクフリーです。

サイト名:うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
URL:http://deppy.blog64.fc2.com/
説明:うつ病になった内科医の体験記。うつ病になってはじめて分かるつらい思いをわかりあうことで、今苦しんでいるうつの人に少しでも役立つことを目的としたブログ形式のサイトです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


タグ↓↓↓




うつ関係リンク

おすすめの本!

かなりオススメです!特に職場への復帰についての記載は具体的でためになります。deppyもこれにしたがって復帰しつつあります!

最近のトラックバック

ブログ一覧 clickしてね!

同じカテゴリーのブログがたくさんあります。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング

[NEXT]
[PREV]
[NEXT5]
[PREV5]
[LIST]
[RANDOM]
[HOME]



| Back | Next | Random | List | Produce by |


LIST NEXT BACK RANDAM JOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PR



FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。