うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
うつ病になった医師の日常を綴ります。考えること、思い出すことなど。元気が出る書籍、気分転換の方法なども紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「うつ病と職場の理解」について、考えていることをお話しますね。

うつ病・・・休職・・・っていう人、オイラだけじゃなく、たくさんいるよね。
うつ病で会社休みます。
なんて、数十年前だったら許されなかったのかもしれない。
気合が足りない、気の持ちようだ、休みたいだけだろう・・・
そのままクビになり淘汰されてしまったのかもしれない

ようやく理解され始めている心の病気だが、やはり今も職場の理解はさまざまで、中にはなかなか理解されない職場も多いと思う。
特に少人数の会社や事業所だと、一人にかかる仕事のウエイトが大きくて、一人が抜けるだけで致命的なダメージを受ける。
そんな環境ではなかなか休職自体が難しい。そのまま無理を強いられて、結局立ち直れないほどの心の傷を負って始めて気づく場合もある。そのまま人生を狂わされてしまう場合もある。それで訴訟になった例もあるときく。

オイラの場合、職場自体が医療現場ということもあって、理解をしめしてくれる人たちのおかげで、本当に助かった。しわ寄せが同僚にいくのは心苦しいものだったが、しっかり休んで、回復しないことには逆に申し訳ないと思い、割り切ろうと考えたところから病状もよくなった。
オイラが具合の悪い顔で職場に行こうものなら「無理するな」「帰って休め」「自分のペースでいいよ」とありがたい言葉をもらうこともしばしば・・・今でもそうだ(本当にありがたい)。
こんな職場じゃなかったら、オイラの回復もずいぶん遅れていたんじゃないかと思う。

よく言われることだが、うつ病の人はまじめな場合が多いので、復職後もすぐに「大丈夫です」と、仕事を引き受けてしまったり、無理をしてしまったりすることが多い。オイラも確かに職場に行くと、やっぱり「大丈夫です」と言ってしまう。そうすると、まわりも大丈夫かな、と思って、どんどん無理を重ねてしまうことが多いみたいだ。これがよくないんだね。

先日、産業保健という会社の保健・衛生促進の分野の話で、うつ病から復職までの様々な話を聞いた。
やっぱり難しいなと感じた。
復職段階で、少しずつ慣らしながら仕事量を増やしていくのがいいということはわかるが、では、例えば週に1回とか2回出社して、どんな仕事ができるのか?という話だ。これは会社側としては業務として認めるのは難しいんじゃないか?リハビリの一環つまり治療なのではないか?と。確かにそうかもしれない。会社はリハビリ施設ではないし、現実はそうのんびりしていない。
いくら会社側に理解があるといっても限度はある。

そこで、「うつ」からの社会復帰ガイドという本に紹介されている復帰までの具体的なアドバイスがとてもためになると思ったのでここで紹介します。
復職トレーニングとして「まず日中の空いている時間に、職場の近くまで行ってみる」「慣れたら時間を少しずつ早めてみる」「職場の前まで行き、喫茶店でお茶でも飲んで、戻ってくる」「今度は職場の中に入って同僚に挨拶だけして帰ってくる」などなど。
確かに、いきなり復職で明日からいくぞ!って結構ストレスなんだよね。オイラも経験がある。行くって決めて職場の前までいったけど、もう一歩踏み出せなくて帰ってきた・・・なんてことが数回あったなぁ・・・
そうだよね、いきなりじゃなくて、少しずつ訓練していけばいいんだよね。職場に入って挨拶だけして帰ってくるのは、ちょっと職場にかなりの理解がないと誤解されちゃうかもしれないけどね。

というわけで、職場の理解が復帰には大きな助けになるってことと、自分なりに、職場復帰への工夫もできるってこと。

まとまりのない記事でごめんなさい。

みなさんも復職にあたって苦労したこと、こうしたらよかった、っていうのがあったら教えてください。
これから復職される方には大きな助けになると思います。
オイラも現在、中途半端な復職状態で、これからなんとかしていかないと・・・と思っております。

スポンサーサイト
はじめまして!
前略。
私も昨年うつ病を発症し、3ヶ月休職したのち職場の計らいで残業の少ない部署に異動させてもらったんですが、復帰して2ヶ月でうつの再燃があり、再び休職しています。
でっぴーさんが言うように、休んでいた負い目みたいなのを感じながらなんでも引き受けて頑張ってた自分だったと反省しています。このまままた復帰出来るのか、不安はいっぱいありますが、とりあえず、今は療養に専念するようにしています。頑張る自分は性格のひとつだと思うので、それを修正するのは難しいと思います。いわゆる認知療法も自分だけでするのは困難です。このあいだ、インターネットで「メンタムダイアリー」と言うのを見つけました。でっぴーさんも一度試しにそのサイトに行ってみてください。
ながながとなってしまいました。また、私のブログにもよかったら覗きに来てください。
【2006/05/12 00:21】 URL | バニラ #-[ 編集]

そういえば、その職場復帰ガイドというの、どこかで見たことがあるような気がします。

理解のある職場で良かったですね。
急がないで、ゆっくり治してくださいね。

【2006/05/12 12:51】 URL | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]

はじめまして。
towaさんのところから飛んできました。
私もうつで去年の9~11月は休職していたのですが、その後、復職リハビリ中です。
はじめは週2(水・金)の午後からはじめて、半年かかってようやく週4日まで
出勤日を増やしてきました。(いつから増やすか・・などの調整は自分でやりました)。
復職した当初は、2~3ヶ月で普通に朝から週5日出勤できるように戻る予定でしたが
予想に反して心も体もついてこなくて、いまはまだ週4日午後が限界だなぁ
という感じです。
でも、deppyさんもおっしゃっていますが、復職リハビリというのは本当に難しいです。
まずどうしても会社に行くと、「大丈夫」と言ってしまう。無理をしてしまう自分がいる。
そして、リハビリ出勤中の私にふられる"負担のない仕事"というのが難しい。
私はとりあえず納期の緩いもの・ゴールがはっきりしているものを・・とお願いしてますが
そういう仕事を探すのに上司は苦労しているのがわかります。
周りの理解というのも・・・直属の上司は理解を示してくれていますが、
その他は難しいですね。本当は、会社側は復職プログラムのようなものを
用意してくれるのが理想だと思うんですけどね。

また遊びにこさせていただきますね。
【2006/05/12 15:13】 URL | あきぞう #XbnZBJT2[ 編集]

>バニラさん
はじめまして!
遊びに来てくださりありがとうございます。
やっぱり復職は難しいですよね。
再発というリスクがつねにつきまといます。ある本には、復職は本人が仕事をしたくてしょうがないぐらいでちょうどいい。以前の80%とか100%ではなく、120%ぐらいになったと思ってからでも遅くない。という記載がありました。しかし、現実はそうもいかないものですよね・・・
サイトの紹介ありがとうございます!遊びに行きますね~

>Dr.Iさん
いつもありがとうございます!

>あきぞうさん
はじめまして!
あきぞうさんも現在復職中なんですね!
お互いゆっくりいきましょう!
あきぞうさんのおっしゃるように、負担の少ない仕事って難しいですよね。ゴールのはっきりしている仕事っていうのは正解だと思います。何か一つでも達成できるとちがうんでしょうね・・・
オイラの場合、一つ与えられた仕事があるのですが、そればかりやっていると嫌になってしまうこともあり、違う仕事をしようとすると、「とりあえず、それが終わってからで」と、釘をさされてしまったりして・・・少し行き詰まっています。
でも、理解があるということだけでも、十分に恵まれていると思わないといけないのかもしれません。
ぜひ、また遊びに来てくださいね~
【2006/05/12 19:22】 URL | deppy #-[ 編集]

復職は本当に難しいですね。僕は復職に1回失敗しています。週5日の4時間勤務(午後1時から5時まで)をしてましたが、上司が気を遣いすぎてくれて、仕事があまりない状態でした。まずは3ヶ月休んでいたので、遅れた分を取り戻そうと思ったのですが、同僚は毎日10時間以上働いているので、毎日4時間では出られない会議とかがあって、知らないうちに色んなことが決まって進んでしまって、追いつくどころかどんどん離されてしまっていき、だんだん自己嫌悪に落ちていきました。そこでうつ病に再度入り再休職し入院しました。
仕事にもよると思いますが、僕のようにチームを作って研究・開発などのを行う場合には、同僚に追いつけないという難しい壁がありました。これを解消するにはどうしたらよいか、未だに分かりません。
【2006/05/13 19:02】 URL | イッチー #-[ 編集]

まず、休職が出来るかが、問題でした。担当患者さんがいる以上、来年度の後任が来るまでは、服薬して何がなんでも、そこまでは、責任をまっとうしなくてはいけない思い、現実的に、私自信は、休職は受け入れ難い思いでした。しかし、当然、不眠な上に、内服が始まり、日中眠気に誘われ、外来中に患者さんの話を聞きながらも、寝てしまったり、突然意味の分からない動悸を伴う不安感に苛まれ、いてもたってもいられないとう状態になってしまい、とても診療を行う立場に、自分をおくこと自体が困難でした。医療過誤なんてことになってしまっては、、、と家族にも言われました。そんなかんなで、上司にも相談はしていたのですが、職場の皆様に自分の病状を話し、休職という配慮を頂けました。もともと神経症的な要因があり、過重労働、転勤もろもろかさなり、私は再発しました。自分自身が破綻、過労死、自殺などの最悪の事態、あるいは、重大な(医療事故ではなく)医療過誤を起こしてしまい、取り返しのつかない状況になってしまうよりは、職場の皆様には、多大なご迷惑を掛けてしまいましたが、今思えば、仕方無かったと思います。実際、過重労働でうつが原因と推測とされる小児科などの勤務医の先生方、研修医の方が不幸にも自殺されてしまったというのは、報道でありますが、同級の友人も、研修医時代、自殺されてしまい、家族は、”皆さんも激務と思いますが、自分の子供のようなことには、ならないように、、、”と涙を浮かべながら語られる遺族の言葉が忘れられません。
 休職させて頂いてから、少しずつ病状も回復してきたもののと思います。でも、3ヶ月間は、完全な引きこもりでした。その後、当然、仕事もなくなりました。復職には、なるべくもとの職場がよいという風に書いてあるものが多いですが、その時点では、約束の時間に出勤できるか、起きれるかもままならない状態でしたので、医局ローテートの勤務医の仕事をお受けするのは、無理と判断しました。そもそも、毎日確実に出勤できるかもわからず、眠いまま患者さんを診療し、的確に処方するというのは、あまりに高いハードルでした。そこで、医局には迷惑を掛けないように、自分で職探しをし、健診業務を、2勤1休2勤2休のような形で出来ることからはじめて見ました。ただ、その頃は、仕事に行って本当に最低限のことをやり、時間がきたら、一応終わりがきて、休みがとれるようにという状態を作るようにしました。勤務医の場合は、当然、患者さんの様態は、土日、深夜問わず変化するもので、家に帰っても、いつも呼び出しはありますので、なかなか”仕事に終わり”を作るというのが出来ず、現場をまわすには、時間外労働も自然と月100~200時間は当たり前のような状況でした。発症する前の自分は、それになれていましたが、あの時点では、無理でした。私がいくら復職中なので、セーブをしなくてはいけないといっても、患者さんにとってみれば、私が医師である以上は、その患者さんにとっては、最低限の診療をするのは当然の責務です。これらが無理なので、私は、同じ職場ではなく、就労形態の違うところで、復職を始めるようにさせて頂きました。それから、かれこれ、1年近く経過してます。平日の休みの日は、ごみのように寝てました。しかし、徐々にペースをつかんでから、本年からは、少し勤務日数を増やしてみたりしています。レントゲンも読影を行うようにしています。
 昨年は、仕事の内容云々よりも、とりあえず、終わらせる努力をしていましたが、少しずつ、足りないところを勉強をしたりする中で、臨床の時は、見えなかった、やりがいのようなものを少し感じることが出来るようになったのは、良かったと思います。
 ただ、今は良いですが、問題は、この先が長いことです。
内科医としての人生は、私の個人的な意見ですが、臨床を20年から30年近くやり、市中病院の臨床の部長職、開業、大学などで研究、人間ドック、老健施設の院長、産業医などさまざまかと思います。今は、一応内科医の端くれですが、この様な方と比べると圧倒的に臨床経験が少ないのが、何よりもネックと思ってます。休職する前は、将来は、民間病院の臨床医になれればと思っておりましたが、どうも、うつの再発を防ぐには、少ない量でも、長期に維持療法的に内服をしていくことになりそうです。将来は、人間ドックなどの予防医学の方面に進むのが、自分のペースにあった仕事と、自分自身の精神の安定を両立するのには、良いのではないかと思っております。勤務時代はよく分かりませんでしたが、予防医学も、臨床以上に、奥が深く、やりがいのあるものであることが少しずつ分かってきました。
 今は、完全に予防医学中心ですが、もう少し、薬が減ったりしたら、月に2回から4回くらいでも、外来をやっていければよいかな?と思ってます。医師である以上、患者さんをみてなんぼであるとは思うのですが、自分自身があまりに追い込まれたり、人間らしい生活も出来ず、うつが再発しては、もともこもないと考えてるからです。とにかく、以前とは量や質が違う仕事でも、今”目の前にあることをしっかりひとつずつ”こなし、小さな自信をつみあげ、将来、少し臨床に戻る時のことも考え、知識の維持に努め、あとは、また状況、状況で判断していく形になるかと、私は思っております。
 本来医師である場合、産業医などで、同じ境遇の方の復職支援に少しでも貢献する立場であるのですが、どの職業の方もそうと思いますが、仕事人である以上に、人間として当たり前の生活をするのを意思に沿わず、犠牲になってくると、どうもうつにはよくないようです。奇麗事ばかり書いているようで、申し訳ありませんが、また、deppyさんのブログにコメントさせてください。2CHでも、医師でうつになっている方の書き込みは多いようです。
医師として、こうあらねばならないという考えでなく、自分にあった仕事の仕方を手探りで
見つけていきたいです。また、ブログ読ませてください。
【2006/05/14 01:27】 URL | happy #-[ 編集]


先月、医師会でレクチャーを致しました。産業保健分野のメンタルヘルスに関するものす。
印象としては、身体科の医師は基本的に精神疾患についてほとんど知らない、(逆もそうです、多分)相談を受けても答えられないもどかしさ、がありました。
復職に関しても具体的な方法を、といわれ、午前は10時以降の出勤、週4日程度、残業なし、企画等の判断は上司が行うと一応お話しました。さてそれと企業は合い成り立つものなのかという点で特殊技術者でなければコトバは大変悪いのですが、使い捨てが本音だと思います。

企業がきちんとした復職プログラムを持っていると、それはそれで問題もあるのです。再発に企業側は配慮を行った、ということで労災認定が行われにくく、因果関係の証明は休職明けではかなり困難です。

また。

【2006/05/14 06:56】 URL | anis #-[ 編集]

ウチの会社もメンタル・ヘルスには理解はあるほうで助かっています。
復職して1年強経ちますが、いまだによく休むし遅刻するしで
職場には迷惑をかけています。クビにならないだけましですね。
ただ上司も責任ある仕事を任せられないようで困っておらるようです。
ただ会社に行って仕事がないのもツライですよ。
そんな状態で時々仕事をしながら1年経ってしまいました。
いまだにぐずぐずしている自分が情けないですが、もう休みたくないです。
苦しいですが耐えるしかないのかなと考えています。
【2006/05/14 22:44】 URL | まめお #CCYh7aa6[ 編集]
お弁当グッズ
お弁当グッズを探すなら http://www.mnpainctr.com/215783/407057/
【2008/11/12 10:52】 URL | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/07 18:08】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

メンタルヘルスのバトン開始

メンタルヘルスのバトンを始めたいと思います。本バトンに賛同して下さる方は下記をコピーし回答して下さい。そして3人の心に病をお持ちのお知り合いにバトンを回して下さい。 躁うつ病からの脱出日記【2006/05/12 05:15】

プロフィール

ハンドルネーム: deppy(でっぴー)
うつ病歴: 1年
職業: 医師(内科医)
ひと言: はじめましてdeppyです。オイラのうつ病体験がみんなのためになれば嬉しいな。みなさんよろしくね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

deppy

Author:deppy
FC2ブログへようこそ!

オススメ記事

反響があったものを選んでみました。どうぞご覧ください!(クリックすると記事が開きます)
☆ひたすら眠る
☆世界をたくさん持つということ
☆うつ病と体重
☆うつ病とアルコール
☆うつ病の再発率
☆穴をうめるということ
☆うつ病の発症オイラの場合

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

相互リンクしませんか?

当サイト『うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~』では、相互リンクしていただけるサイト様を募集しております。基本的にリンクフリーです。

サイト名:うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
URL:http://deppy.blog64.fc2.com/
説明:うつ病になった内科医の体験記。うつ病になってはじめて分かるつらい思いをわかりあうことで、今苦しんでいるうつの人に少しでも役立つことを目的としたブログ形式のサイトです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


タグ↓↓↓




うつ関係リンク

おすすめの本!

かなりオススメです!特に職場への復帰についての記載は具体的でためになります。deppyもこれにしたがって復帰しつつあります!

最近のトラックバック

ブログ一覧 clickしてね!

同じカテゴリーのブログがたくさんあります。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング

[NEXT]
[PREV]
[NEXT5]
[PREV5]
[LIST]
[RANDOM]
[HOME]



| Back | Next | Random | List | Produce by |


LIST NEXT BACK RANDAM JOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PR



FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。