うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
うつ病になった医師の日常を綴ります。考えること、思い出すことなど。元気が出る書籍、気分転換の方法なども紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクティブ・リスニング(Active Listening)

とても興味深い話をききました。

無条件の肯定的関心は無条件に心の健康をもたらす

オイラなりに言い換えると・・・




無条件に自分の話を聞いてくれる・関心をもってくれるだけで、人は健康にむかう

というのだ・・・
もちろん特別な魔法を紹介するわけじゃない

オイラ「な~るほど」と感心したのでご紹介します。

精神科の先生(オイラの主治医ではありません)に聞いたお話です・・・

アクティブ・リスニングというのがあって、これはカール・ランセン・ロジャース (C.R.Rogers : 1902-1987)というアメリカの臨床心理学者が提案したことらしいのですが、

①自己一致の状態:純粋性
②無条件の肯定的関心
③共感的理解(共感≠同情)

で構成されるそうです。①はイマイチ実感がわかないのですが、②③はなるほど納得!と思ったわけです


うつ病に限らず、人は自分の話を聞いてもらうだけで安心するし、なんだか満足するみたいなんだよね。これは事実みたいだ。

実はオイラの昔の友達で、最近おんなじようなタイミングでうつ病になった友達がいて、彼はたまに調子が悪いときとかやりきれないときに、電話をかけてくる(ただ暇なときもありますが・・・)。
オイラも今はそんなに心の余裕がないから、はっきり言って彼の話を一生懸命きくのは大変だと思ってしまう。そこで、申し訳ないが、ほとんど「あいずち」だけの会話(会話とは言わないかもしれない)になってしまう。でも、彼はいつも満足して電話を切るみたいだ。
「あ~やっぱり、こういうことを言えるのはお前しかいない、ありがとう!」と。
決してアクティブ・リスニングとは言えないんだろうけど、ただ聞くだけで相手は満足するっていう例じゃないかと思うんだよね。これは聴き上手な人にとっては当たり前のことで、常に実感している人もいるかもしれないけれど、けっこう友達との会話では自分がしゃべることが多いという人は、ためしてみてほしい。

「きくこと」

これは、やってみるとわかるが、意外に難しい。
相手が何か言ったときに、どうしても何か言いたくなってしまう。

例えば・・・(あまりうまくない例えですが)

相手「昨日○○のラーメン屋に初めて行ったんだ~おいしかったよ~」

自分「え~ほんと~、でもさぁラーメンなら××の店がおいしいよ~、あの店の味噌ちゃーしゅーはねえ・・・」

こんな会話になること・・・ないですか・・・?

こんなふうに、いつの間にか結局、自分がしゃべっていること、ありませんか?

相手が何か言って、それに対する反応をこちらが示すのは当然で、その繰り返しが会話になると思うのですが、上の例は極端かもしれないけれど、相手はせっかく○○のラーメンの話をしようとしたのに、こんなふうに話をもっていかれたら、あんまり話したくなくなるんじゃないかな・・・と思うわけです。

もちろん、負けず劣らず、お互いに言いたいことを言いたいだけ言って、お互いにスッキリしているケースもあるかもしれませんが、オイラが思うに相手の話を聞くチャンスを失っちゃってるんじゃないかな?って思うんだよね。

ただこちらが耳を傾けることで、相手はいろんな話をしてくる

イコールいろんな情報をもらえるってことにもなるんじゃないか?

自分を伝えるためにこちらから話をするのは当然だけど、意識して相手の話をきくと新しい発見がいっぱいある。

これに、敷衍して思い出した話

これはオイラが学生のとき精神科の先生に聞いた話
患者さんに「どうしましたか?どうですか?」っていう質問を診察のときにする。
「そうですねえ、最近はまあまあですね・・・」ぐらいの返事

そこで、もう一回きく
「どうですか?」

さらにもう一回聞くと、たいていの患者さんは色々と話を始めるそうだ(もちろん、聞きもしないことを延々としゃべり続ける方も中にはたくさんいるそうだが・・・)

これ、おもしろいなあとオイラ感心した。
これこそアクティブ・リスニングなのかなぁ・・・

だんだん話がまとまらなくなってきてしまった。

ゴメンナサイ。

そうそう、それで、今回はこんな風に思ったわけです・・・



うつ病になった。
ある程度、状態は落ち着いたけど、まだやる気にならない。まだ復職できそうにない。

そんなときに、相談にのってくれたり、支えてくれる人は本当にありがたい。
そして、一番ありがたいのは、無条件に聞いてくれること、無条件に現状の自分を受け入れてくれること(ただ家でゴロゴロしているのをとがめもせず、かといって無視するわけでもなく微妙なとこだけど・・・)

つらい、疲れた・・・

そのときに欲しいのは実は

「そうか、つらいんだね・・・疲れたよねぇ・・・」

というあいずちとか共感じゃないかなぁ・・・それだけで救われるんじゃないかなぁ

オイラは実際にそれで救われた気がする

周囲で心配してくれて、あれをしたらいいんじゃないか?これはどうか?とか色々アドバイスをしてくれる人もありがたい。でも、そうしたくてもできないことが多くて、それができないでいる自分が不甲斐なくなってしまったり、そのアドバイスが負担になってしまったり・・・

とってもわがままのようだが、

ある意味、放っておかれたほうが助かった、という場面がオイラの場合は多い。

アクティブ・リスニングとは少し違うかもしれないけれど、

無条件の肯定的関心

これがまさにピンと来る表現なんだよね。

よく「うつ病の人は励ましてはいけない、頑張れって言っちゃダメだ」っていうけれど、少し通じてくるんだと思う。

周りの人はよくよく考えて励ましてくれたり、うつ病の克服方法を提案してくれたりするけど、そうじゃなくて、今のままで許容してくれる、聞いてくれる、それがそのまま治療になりうるんだと思う。

オイラは精神科医ではないので、あんまり出すぎたことは言えないが、オイラの実感としてそう思う。

もし、このブログを今うつ病の方だけじゃなく、うつ病の患者さんを支える、家族や職場の方が読んでくださっているとしたら、

「ただ関心を持って聞いてあげる」

ということを心の片隅にでも置いていただけると嬉しいです。

みなさんのコメントを読んで、オイラも少しずつ上り調子です。

みなさんの感想やご意見など、コメントに書いていただけると嬉しいです!

また記事かきますよ~

お楽しみに!
スポンサーサイト

私の場合はリスナーは妻ですね。
本当にありがたいパートナーです。
でも自尊心が邪魔して開けっ広げには話せません。
妻に苦労をかけていることがわかるからです。
今、なんとか会社にいけてるのは妻のおかげです。
【2006/05/20 22:42】 URL | まめお #CCYh7aa6[ 編集]


 傾聴、というものね
 よくカルテに記載します。


【2006/05/21 07:00】 URL | anis #-[ 編集]

 聞いてもらえる人がいる、どんな自分も受容してくれる人っていうのが、ともすると忘れがちですが、大事ですよね。そういう人がいなかったら、ここまでは、回復はしていなかったことは、間違いない。今の自分があるのも、周りの人の支えがあってこそですよね。
 自分は、仕事があるからと、精神科を受診なかなか出来なかったのを、無理やりにでも連れて行ってくれたのは、妻でした。命の恩人です。
 アドバイスも勿論大事ですが、適度にほおっておかれるのも大事みたいですね。
 うつのサインカーブの下の時は、黒い嵐が過ぎ去るのを待つように、天井を見ながら静観してます。
【2006/05/21 13:46】 URL | happy #-[ 編集]

deppyさん、こんにちは。
最近ちょうどこの記事に共感できることがありました。
私は普段は聞き役が多い方ですが、この病になってから、
ただ聞いてもらう、このことのありがたみをとても感じます。
同僚達はそのことをとても理解してくれ、私がたまに辛い気持ちを話すと、
ただ聞いてくれます。そして「無理しないでいいからね」と。
友人も同じく。
私の病を知って3週間の休職や、普段の休みにも理解を示してくれていた上司は、
最近あれこれ言います。(上司ですが、友達みたいな状態です)
先日「美味しい味噌を今買ってるから、今度それあげるよ」と言われました。
味噌?なんで?と聞くと、
「それで味噌汁を作って食べてよ。玄米炊いたりしてさ。ちゃんとした食事とろうよ」と。
自炊したいのはやまやまで、掃除・洗濯で精一杯な私です。
それを言われた時は「自炊できるなら何でもできるってー」と冗談ぽく反論しましたが、
さらに「3ヶ月だけでいいから。ちゃんとした食事とってよ」と。
もの凄く些細なことですが、とてもとてもココロが重くなりました。
ココロの奥で「ほっといてくれ・・やれるならやってるよ!」と思ってしまいました。
上司の気遣いだとは分かっているのですが、、
そして、そんな言葉でココロが重くなる自分はちっちゃい人間だなー、と思ってしまいました。
【2006/05/21 14:27】 URL | なー #-[ 編集]

はじめまして。バニラさんからジャンプしてきました。
リンクさせていただきます。
よろしければ覗きに来てください。
素人考えのうつ関連ブログです。
もし気に入っていただけたら相互リンク!
【2006/05/25 22:49】 URL | ハトビル #PeT5pzMw[ 編集]

この話にも共感を覚えますね。
傾聴はとても大切な事。
私たちナースに求められている一種のケアです。
もちろんドクターも実践してくれるのが望ましいですけど、難しいんですかね?
でも、でっぴーさんは、アンテナ張り巡らせていて凄いなって思います。
感動するココロを持ち合わせ、また私たちにフィードバックしてくれる。
でっぴーさんのブログ、楽しみにしています(^^)
【2006/05/26 21:57】 URL | バニラ #-[ 編集]
はじめまして。
 私は夫がうつで、そのことで私自身メンタルケア心理士(カウンセラー)の資格を取りました。
 私はまだカウンセラーになりたてで、えらそうなことはいえませんが、カウンセラーにとって必要なことの大前提のことをお話されていて、私自身も勉強になります。

 夫一人救うのも、一生懸命頑張っている状態なので、人を救うことができるのかと思いますが、それでも私なりのカウンセリングを頑張りたいと思っています。

 いろいろ勉強になりました。また遊びにこさせていただきます。
【2006/05/27 10:32】 URL | sachiko.t #-[ 編集]

初めまして。イエズスのペトロと申します。ブログ内で『うつ病』で検索したら、こちらのブログにヒットしまして、訪問させて頂きました。
私もうつ病で通院中、無職です。

傾聴の大切さ。本当に身に染みました。そして、とても反省する部分が振り返ると自分自身情けなくなるほど多くて・・・。聞くことが大切なのに、ついアドヴァイスしてしまう。忍耐がない証拠です。どうしても良かれと思って提案してしまったり、反論してしまったり。

何人かのかたと、ブログ交換させて頂いてますが、本当に気をつけなければなりませんね。話し好きが災いしているかも。でも、話し好きになったのは、一年前から、それまでは抑うつ気分が支配していて、人とのコミュニケーション取るのも苦痛でした。

今は精神的な圧迫感などがあると身体的症状が出るに留まっています。でもまだ就職できるほどには回復していませんが。

本当にとても参考になるお話でした。ありがとうございます。
このブログ、とても病気に関して参考になります。
またちょくちょく訪問させて頂きます。

お医者様の仕事、大変かと思いますが、無理せず御身大切になさって下さい。
先生の診察を通して、多くの患者さんが癒され、力づけられ、希望に満ちて日々を送ることが出来るようになりますように。
【2006/06/10 17:04】 URL | イエズスのペトロ #-[ 編集]
共感
みなさんの反響に、納得する部分が多いです。
なーさんが上げられている例はまさにオイラが言いたかったことです!なかなかいい例が見つからず、ラーメン屋の話になってしまいましたが、なーさんが体験されたようなことをオイラ言いたかったんです。なーさん、ありがとう!
精神科の先生だけじゃなく、看護師さん、カウンセラーの方からの反響もいただき、とてもうれしく思っています。また、勉強になります。
内科外来でも、よく話をきくだけで、ずいぶん元気になって帰られる方がいます。もちろん、内科疾患を見逃してはならないのですが、話をきいてもらうことで、安心してもらえるのだと思います。オイラも現在、精神科に患者として通っていて、よくわかります。
【2006/06/10 18:31】 URL | deppy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/08 20:34】 | #[ 編集]
外反母趾ダイエットについて
足の親指が変形し、小指の方へ「く」の字に曲がっている状態で、足の中足関節の靭帯が緩んでしまうことが原因です http://magnetoelectricity.sabellsenterprises.com/
【2008/11/10 00:22】 URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/10/23 08:05】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハンドルネーム: deppy(でっぴー)
うつ病歴: 1年
職業: 医師(内科医)
ひと言: はじめましてdeppyです。オイラのうつ病体験がみんなのためになれば嬉しいな。みなさんよろしくね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

deppy

Author:deppy
FC2ブログへようこそ!

オススメ記事

反響があったものを選んでみました。どうぞご覧ください!(クリックすると記事が開きます)
☆ひたすら眠る
☆世界をたくさん持つということ
☆うつ病と体重
☆うつ病とアルコール
☆うつ病の再発率
☆穴をうめるということ
☆うつ病の発症オイラの場合

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

相互リンクしませんか?

当サイト『うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~』では、相互リンクしていただけるサイト様を募集しております。基本的にリンクフリーです。

サイト名:うつ病は必ずなおる!~うつ病医師の闘病記~
URL:http://deppy.blog64.fc2.com/
説明:うつ病になった内科医の体験記。うつ病になってはじめて分かるつらい思いをわかりあうことで、今苦しんでいるうつの人に少しでも役立つことを目的としたブログ形式のサイトです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


タグ↓↓↓




うつ関係リンク

おすすめの本!

かなりオススメです!特に職場への復帰についての記載は具体的でためになります。deppyもこれにしたがって復帰しつつあります!

最近のトラックバック

ブログ一覧 clickしてね!

同じカテゴリーのブログがたくさんあります。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング

[NEXT]
[PREV]
[NEXT5]
[PREV5]
[LIST]
[RANDOM]
[HOME]



| Back | Next | Random | List | Produce by |


LIST NEXT BACK RANDAM JOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PR



FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。